セブ市内の交通手段

セブ市内の交通手段

2015年09月10日(木)5:36 PM

○セブ市内での交通手段は大きく分けて3つです。
taxi






○1つ目は『タクシー』。
日本でも馴染み深いタクシーですが、セブは電車がないため、かなり多くのタクシーが走っています。車内は冷房が効いていて快適です。他の交通手段より安全なため、私たち外国人にとってのメインの交通手段になります。値段については車内に料金メーターがあり、セブ市内であれば、だいたい100ペソ(300円弱)で移動ができます。稀に、メーター忘れるドライバーもいるので、その時は「メーター」と伝えてください。日本に比べると安いので、気軽に利用する事ができます。
注意点としては、使用する時間帯です。セブでは交通渋滞が多発します。特に夕方のラッシュアワー(午後5時~7時前後)は渋滞が酷いので、この時間を避けると移動がスムーズに行えます。
GEAにタクシーでいく場合は、「モンテベリオ・ホテル」「カントリーモール」というキーワードを伝えれば確実にたどり着けると思います。このようにタクシー移動の際は、ドライバーに目印となるショッピングモールやホテル名等を伝えると困らないと思います。住所だけでは伝わらないことも・・
motorcycle+ 






○2つ目は『バイク』。
こちらでは「ハバルハバル」と呼ばれています。バイクに乗るためには初めにドライバーと値段の交渉をする必要があります。だいたいタクシーの半分くらいの値段と考えておけばよいと思います。もしタクシーより高い場合は別のドライバーと交渉したほうが良いでしょう。尚、ラッシュアワーの時間等、割高になる場合もありますので注意が必要です。
バイクは、渋滞時や少人数で移動する場合有効な交通手段ですが、事故等の安全性等を考えるとタクシーが無難です。
zipny+






○3つ目は『ジプニ-』。
ジプニーは、こちらセブの人達に最も使われている交通手段です。そのため、とにかく安いです。値段は7ペソ(20円程)でかなりの距離を移動できます。ジプニーはそれぞれ決まった路線を走っていて、日本で言うバスに近いです。バスとの違いとしては、こちらには停留所がないため、好きなところで乗れて、好きな所で降りることができます。セブの人や生活を感じるためには良い乗り物だと思います。ただ、ジプニー内では盗難の恐れがあるため、こちらの生活に慣れるまでは、タクシーを使ったほうが安全です。
GEA前のカントリーモールにはジプニー乗り場があり、簡単に乗ることができます。


  |  

過去の記事